京の木箱

四季折々の表情が美しい京都。
祇園祭や五山の送り火といった行事や、神社やお寺などからイメージを膨らませ、そのひと風景を六寸の大きさ(約18センチ角)の木箱で表現しました。
京都に漂う、香りや音まで感じていただけるよう細部までこだわりお作りしています。
京の季節の贈りものです。

「敷松葉」  販売期間 12月1日〜1月9日

敷松葉(しきまつば)とは、初冬に露地や庭などに敷く
松葉のこと。
霜からコケなどを守るという実用性と、常盤木の緑と
松葉の茶色との対比で、庭を飾るという装飾性を兼ね備えて
います。【六寸・敷松葉】は、日本人の美意識が創りだした
冬化粧をそのまま木箱に閉じ込めたものです。
枯れ松葉の隙間から、侘びた情趣を感じていただければと
思います。

※ 商品代金の他に、送料箱代(2000円〜)が別途かかります。
※ 写真はイメージです。
※ 花材はその時々によって多少変わります。
※ みたてオリジナル商品のため、細かいご注文はご遠慮願います。
※ 季節により内容が変わる期間限定商品となります。