京の木箱

旧暦六月一日は、「氷の節句」といわれ、室町時代には幕府や宮中で年中行事とされていました。
この日になると、御所では「氷室」の氷を取り寄せ、氷を口にして暑気を払ったといわれています。
京都の北山にある「氷室」という名の場所には、今でもその氷室の跡が残っています。
京都では一年のちょうど折り返しにあたる六月三十日に、半年分の罪や穢れを祓い、残り半分の無病息災を祈願する神事「夏越祓(なごしのはらえ)」が行なわれ、和菓子屋では、氷をかたどった三角の菓子(水無月)が作られます。
6寸・水無月は、その三角形をモチーフに季節の紫陽花を詰めました。

「水無月」販売期間5月22日〜6月下旬頃

※ 商品代金の他に、送料箱代(5月〜9月頃まではチルド便2500円〜)が別途かかります。
※ みたてオリジナル商品のため、細かいご注文、ご指定はご遠慮願います。
※ 季節により内容が変わる期間限定商品となります。
※ 花材はその時々によって多少変わります。
※ 商品代金の他に、送料・箱代が別途かかります。
※ 写真はイメージです。