季節の送り筒

季節の送り筒が「冬の送り筒」になりました。千利休が薮内剣仲へ竹の筒に花を入れて送ったと言われる送り筒。そこから切り花、特に珍しい花を人に贈る際に用いられてきました。大切な方に当季の草花を無事に届ける美しい贈り方です。輸送手段が整っていなかった当時に、花を無事に届けるため知恵を絞り生まれたものでしょう。届いた花を飾る花入としてもお使いいただけるよう仕上げております。一枝一輪を大事にする心まで届きますよう。
季節毎に竹筒の形や、添えられる草花の種類が変わります。

*現在掲載中こちらの送り筒は、2023年1月13日(着)〜1月20日前後(着)の期間限定販売になります。
※ 商品代金の他に、送料箱代2,000円(5月頃〜9月頃まではチルド便2500円〜)が別途かかります。
※ 季節によって内容(花の種類・竹筒)が変わります。
画像の竹筒のサイズ:直径 約4cm  高さ 約35cm
※ 写真はイメージです。
*只今、日時指定をお選びいただけません。
*日時指定をご希望の場合のみ、入力フォームの「備考欄」にご希望日時をご入力くださいませ。
*日時指定ご希望の場合は御注文日から7日以降のお日にちを目安でご記入ください。
※定休日の都合上、(月)、(火)のご指定は出来かねます。
*こちらのお届けは2023年1月13日(金)からお届け指定日が可能です。

現在掲載している「冬の送り筒」のお届けはお花の都合上「1月20日」前後に終了する予定です。その後は「春の送り筒」になり、筒のサイズや形も変わります。