こころ葉

平安時代には、贈りものに金銀糸や色糸でつくった松や梅を添える風習や紙の造花を頭に飾る風習がありました。その造花のことを「心葉」と呼んでいたそうです。また、心葉には「心」「心ばえ」という意味も含まれます。今いちど、人が花を飾るということに向き合って生まれた、ひとつのかたち。みたての「こころ葉」を仕立てました。
染司よしおかによる染紙をつかい、一箱の中に二種のこころ葉を納めました。
<紅白椿>
茶の湯では祝い事などがあると紅白の椿がよくいけられます。新春を祝う花として、紅白の椿を正月飾りのこころ葉に仕立てました。
10,000円(税別)

送料について:
商品代金の他に送料・箱代(2000円〜)が別途かかります。
ご注文確定メールにて、送料含む金額をご連絡差し上げます。

ご注文期間について:
11月19日(火)〜12月10日(火)となります。
11月19日(火)正午よりご注文いただけます。数量限定のため、無くなり次第終了になりますので、予めご了承くださいませ。

お届け期間について:
12月18日〜28日のいずれかになります。ご用意でき次第、順次お送りとなりますため、お届け日のご指定は承れませんが、ゆうパックによる配達時間帯は、お選びいただけます。

※紙箱つき。
※写真はイメージです。
※現在〈紅白椿〉を製作中です。出来次第写真を追加いたします。

11/19 正午予約開始